家庭で美味しく料理を楽しむための、低温調理の世界を覗いてみました

「低温調理」、やったことありますか?最近コロナのおかげで自宅にこもる人が多くなったため、家で楽しむ料理が人気になってきています。
その中でも低温調理は、ほったらかしで美味しい料理ができるため家庭で低温調理をして美味しい料理を作る人が増えているようです。ずっと家にいることが多いので凝った料理作りたくなるんですよね。

低温調理の特徴として、美味しい料理を失敗知らずで作れる、高カロリー高タンパクな食事で自然に痩せられる、酸化を防止し栄養素を逃がさない、実は片付けが簡単、ほったらかしでOKなので時間を有効活用できる、というメリットがあります。
ここで紹介する「低温調理の世界」では、低温調理のやりかたやタンパク質が固くなる科学から低温調理にかかる電気代まで、様々な観点で低温調理について学ぶことができます。

レシピも、定番のローストビーフや鶏むね肉のサラダチキンからビーフシチューのような手の込んだレシピまで掲載されてます。
美味しそうだと思ったのは、鶏レバーの低温調理で、火を通しすぎないためフォアグラみたいな舌触りになるそうです。
科学的なところが面白そうだし美味しくできるなら一度やってみたいですね。

 

 

低温調理って聞いたことありますか?言葉は聞いたことあるって人多いと思います。最近出てきた言葉のように聴こえますが、実は昔からある方法なんです。例えば、お肉料理のローストビーフは中の温度が高すぎないようにしながら「火は通っているけど中は赤みが

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする