海外で人気のジブリ映画は?

アニメは日本の代表的な文化でもあり、主要な輸出品のひとつです。

多くの海外での主要な映画祭で受賞しているので専門家からも評価が高いことから広く知られて受け入れられています。

主人公のプレッシャーや社会への偏見の苦しみなどを克服する姿は道徳的なメッセージがあるように思え何度も繰り返し見てしまいます。

海外でなぜジブリ映画は人気なのか?

アニメファンだけではなく綺麗な描写やその綺麗な細かい動きにあった音楽の数々。

その裏で反戦や環境テロなどの問題を扱っています。

子どもの主人公が多くキュートすぎると失望されることもあるそうですが、思春期の女の子の心の不安定な悩みをどう解決していくのかなど見終わった時には自分が主人公になって成長したような気持ちにもなれます。

海外で一番人気のジブリ映画はこれ!

「千と千尋の神隠し」のビジュアルの素晴らしさは海外でも評価が高く多く見られてもいます。

ベルリン映画祭金熊賞やアカデミー長編アニメーション賞を受賞しました。

ここからジブリの人気になり多くの作品が沢山の人に感動を与えてきました。

欧米でのはじめてのジブリ、宮崎作品として影響力も絶大です。

ちょっとグロテスクな感じ、そしてスリルがありアートとしても美しい千と千尋の神隠しはとても珍しくうつったようです。

児童買春をテーマにしている作品なのではという説もネット上で議論されたりもありましたがそれ以上の評価があり人気が高くなったのでしょう。

海外であまり人気ではないジブリ映画は?

「ゲド戦記」になっています。宮崎駿監督の長男である宮崎吾朗が初メガホンをとった作品です。

「もののけ姫」の雰囲気が残っているようにみえます。アニメーションは素晴らしかったけど息子の初作品として多くの注目や期待が大きすぎたようです。

ハードルが高くなりすぎて評価が厳しくなりそれが結果ににもつながっていったようです。

作品の設定など理解出来ず内容がよくわからないという意見もありました。

日本人がみても少し難しく子どもが見るにはアニメーションが強すぎるようです。

ジブリ映画も好みは分かれると思いますが、人気作品から人気じゃない作品が見たくなったらジブリ映画を無料でフル視聴できる事について書かれているのでチェックしてみてください。

ジブリ映画まとめ

全体的に宮崎駿監督の作品が人気あります。アニメーションの世界感や音楽、細かい作業での繊細な動き、目に見えない心の動きなど世界共通で感動を与えることが出来ます。

女性、女の子が主人公の映画が多く女性心理構造の奥深さを描いているのもジブリ作品の特徴です。

ファンタジーでありかつ奇想天外な物語も世界で興味を持ってしまいます。

女の子の等身大の心の動きは同年代の子にはとても身近に、大人には心の奥にあった懐かしく甘く苦しかった当時の自分を思い出すなどどの世代にも共感できるのだと思います。

毎回、想像を超えた作品なのでジブリというだけで世界の人々は興味をもち観たいとおもうのだと思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする


コメントの入力は終了しました。